佐伯祐三と“わなか”のたこ焼き

Bookmark this on Delicious
Pocket
LINEで送る

 日本橋~難波~心斎橋あたりをお散歩 & お買い物しました。

 まずは、日本橋にある笹部洋画材料店でお買い物。
 使い捨てるようなやっすい筆と、研究室の机の上に置いておく用のやっすい色鉛筆を購入。
 笹部に行きますと、ちゃんと絵を描きたくなります。
カワチ画材店Tools みたいな可愛いお店じゃありませんが、可愛いお店よりもずっとテンションが上がります。
 テンションが上がりすぎて多めに買い込んじゃいました製図材料がまだ、部屋に転がっています。

 そのあと、日本橋からでんでんタウンをぶらぶら。
 大源味噌かみがたを購入。
 おいしいお味噌汁を作るの。

 電気街をぶらぶらしていましたら、三菱の冷蔵庫、MR-H26T が目に付きました。
 冷凍庫が広くて羨ましい。
 買い換えるなら、この子だなー、なんて。

 平日ですとおっちゃんも少し暇なのでしょう。
 冷やかしやねん、と断っていても、親切に相手してくれます。

 日本橋から難波の方に、道具屋筋を通って、千日前へ。
 お腹がすきましたので、わなかのたこ焼きを食べました。
 もちろん、ねぎをトッピング。

f:id:tanahata:20120608151535j:plain

 やっぱり、わなかのたこ焼きは、おいしいです。
 
  正式には(?)、たこ焼きは、爪楊枝を2本使って食べるものですが、大阪生まれ、大阪育ちですのに、たこ焼きを爪楊枝2本で食べるのが苦手です。
 いつもお箸をもらっちゃいます。
 お箸の方が食べやすいですからね。

 ここで、爪楊枝2本?と思った方はモーメントを知らないかしら?
 一舟を二人で分けるようだと思っているのかしら??
 爪楊枝1本だけを使うような、ケッタイな食べ方は止めてください。
 くるっと回って、みっともないですよー。

 さてさて。
 たこ焼きで HP を回復した後は、心斎橋筋などでお買い物。
 シャツとズボンを買いました。
 GAP の店員さんは、レディースコーナーでも普通に試着を勧めてくれて助かります。
 細身ですと、メンズじゃだぼだぼになっちゃうの。
 特に GAP は大きめです。
 なお、2割引の日でした。

 お買い物の後は、本日のメインイベント、というか、このために心斎橋まで来ました。
 『佐伯祐三とパリ ―ポスターのある街角―』展覧会です。

f:id:tanahata:20120608174300j:plain

 佐伯祐三の絵を見ていますと、脳みそ揺さぶられるような、立ち眩みを起こしそうな、意識が自分の後ろに飛んでいきそうな、そんな、圧倒的なナニカを覚えます。
 2008年に大阪市立美術館で始めてみたときと、同じ衝撃を、今回も受けました。
 洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵という表現を使った理由が、佐伯祐三の絵を見ますと、なるほど、しっくりきます。
 洲之内徹さんのコレクション展にある絵を盗みたいとは思いませんでしたが、今回は盗みたくなりました(笑)

 もちろん盗めませんでしたので、展示作品入れ替え後の後期もまた、見に来ましょう。
 次は晴れたらいいな。

Bookmark this on Delicious
Pocket
LINEで送る

コメントを残す