「穴あきはさみ Pro 165mm」サンスター文具

Pock­et
LINEで送る

 愛用の “はさみ” です。「かなめ」の部分が一点ではなく、スライド式になっています。そのため、使いやすさ、切れ味がとてもよい。
 なにより、見た目が非常に格好いい。見た目がよいと、気分もよくなります。

 ただし、メーカー廃盤。

Pock­et
LINEで送る

「システム手帳 Plotter」 Designphil

Pock­et
LINEで送る

Plot­ter leather binder Puebro (nar­row)

 昨年からシステム手帳を使っています1。システム手帳なのに薄くて軽く、スーツの内ポケットに収まります。一年間の使用を経て、まさに私の求めていた仕様にぴったりだったと感じています。いままで文庫手帳ほぼ日や Edit、Loft 限定3年手帳などを使っていましたが、一旦、この手帳をゴールとします。 

開いたところ

 まず前提として、基本的に個人の予定は Google Cal­en­dar と個人スマホ、会社予定は Out­look Cal­en­dar と社用スマホで管理しています。つまり、手帳の予定ページはそこまで使いません。本質的に使いやすい「ノート」を求めています。 必要なページは月間カレンダーと方眼ノートのみ。週間ページは不要です。スーツの内ポケットに入るサイズが理想です。 

 ちなみにかつて EDiT のシリーズにあった、MONTHLY PLANNER EDiT B6 slim(170×84くらい、変型サイズ)という、「見開き月間カレンダーと残り全ページ方眼ドットの白紙ページのみ」という割り切った仕様の手帳があって最高だったのですが、なくなりました。悲しい。 

無地ページ。ノートとして使用。

 上記の使い方であれば「薄さに特化したマンスリー手帳」と「方眼リングノート」の2冊持ちとして、しばらく LOFT 限定の「月間 B6スリム 3年ダイアリー」という、「3年間の月間カレンダーのみが載った手帳」を使用していました。スーツの内ポケットにぴったり入る B6 変形サイズ&カレンダーのみのためとにかく薄いと、ある種、理想的な手帳でした。ノート別持ちが苦じゃなければ、この手帳を使い続けていたと思います。ちなみにマンスリー手帳と併用していたノートは、マルマン図案シリーズのA5方眼リングノートです。方眼ノート最高。 

 ただ、手帳とノートの2冊持ちが不便な場面&ノートも内ポケットに収めて両手を空けたい場面も時々あって、新しい手帳を探していました。その使い方で見つけたシステム手帳が Plot­ter です。軽さと薄さに特化した knoxbrain LUFT の後継モデル。ナローサイズを購入しました。 

マンスリーカレンダー。
基本的に Google カレンダー(個人)と Outlook(社用)で予定管理しているため、手帳にはあまり書き込んでいません。

 気に入った理由は「ナローサイズ」の存在。一般的な「バイブルサイズ」から横幅を縮小した変形サイズです。スーツの内ポケットにすんなり収まります。なんども繰り返していますが、私が手帳に求める必須条件です。一方デメリットはデザインフィル社2 以外から対応リフィルが発売されていないため、汎用性に欠ける点です3。カレンダーと方眼ノートのような一般的なリフィルだけでよけばあんまり困らないんですけどね。他社のおもしろリフィルは綴じられません。 

Puebro のブラウン。1年間エイジングが進んだ様子。

 革の種類には、シボ押しの ShrinkHorse Hair、軽く起毛した Puebro、昨年秋に追加されたスムースレザー Lis­cio があります。前者2つは正直安っぽく、昨年の段階では Puebro 一択のチョイスでした。今なら Lis­cio も悪くありませんね。ワインとブルーがきれい。4 

 使用リフィルは、ダイアリーリフィル(月間ブロック)メモパッド(2mm 方眼)を使用。アクセサリーリフィルには通常のリフター×2枚クリアポケット(KNOX)を。メモパッドの前後に厚紙が入っていたのでリフターなんていらないと思っていましたが、やっぱり、必要でした。 なお、ボールペンとしてはフリクションボール4ウッド+フリクションボール038リフィルを使用しています。結局、手帳には細字の多色フリクションが便利すぎました。

クリアポケットには手帳用シールと予備の名刺を。お気に入りのシールでしたが、いまは廃盤。
PAPER CRAFT muse­um のカメラ柄シールをぺたり

 今後は手帳をただのマンスリーカレンダー、ただのメモノートとして使うだけでなく、バレットジャーナルのような、いままでと違う使い方を模索していきたいですね。

Pock­et
LINEで送る

  1. 当時の恋人からの誕生日プレゼント! []
  2. ブランドで言いますと Plot­ter と KNOX []
  3. 伊東屋でも Plot­ter コーナーを大きく取ってくれているのにナローサイズは取り扱っていなかったり、まあ、扱いが悪い。 []
  4. Puebro の起毛もすぐに寝てきますので、実質、スムースレザーです。 []

LAMY Safari ローラーボール:フリクション化計画

Pock­et
LINEで送る

前置き

 フリクションの多色ペン、「フリクションボール4ウッド」を愛用しています。フリクションボール4には 0.38 mm の細芯を使えるため、手帳の筆記にぴったりです。ただ、欠点として、インクの減りがめちゃくちゃ早いのです。多色ペンの宿命ですね。持ち運びはフリクションボール4にして、デスクでは太さのあるリフィル(替え芯)が入るフリクションボールを使いましょう。

 で、ここで問題です。フリクションボールって、見た目が格好悪いんですよね。1本200円やそこらのボールペンに何を求めるのか、という話ですが。

 正規ルートでの解決策は2つあります。1つめが、フリクションボールノック ビズを使う方法。“ちょっといい” フリクションですね。まあ、悪くありません。ときどき誰かと被るでしょう。2つめが伊東屋から出ている ITOYA110 イレーサブルボールペン。文具屋さんの伊東屋オリジナルの高級フリクションです。高いだけあって、なかなかの質感です。ほとんど他人とも被りません。替え芯はフリクションボールと同じですので、ランニングは同じです。

cre­at­ed by Rinker
伊東屋
¥4,180 (2020/08/07 20:37:28時点 Ama­zon調べ-詳細)

本題:LAMY Safari をフリクション化

 でも、どうせならもっと “素敵な” ボールペンを使いたいじゃない。安っぽくなく、高級すぎず、アイコニックなボールペン。LAMY Safari です。LAMY Safari にフリクションボールのリフィル(替え芯)を入れましょう。

 LAMY Safari には万年筆を筆頭に、ローラーボール1、ボールペン2、ペンシル3の4種類があります。今回はローラーボールをベースに改造します。改造と言っても、リフィルにちょっとゲタを履かせるだけです。

 Safari ローラーボールのオリジナルリフィル M63 とフリクションボールのリフィル LFBKRF を並べたところ。ほぼ、同じ太さで、お尻の長さだけがちょっと違うのが分かります。ここにゲタを履かせればいいのです。(追記:2020.02.11 BB 弾を入れる方法に変更しました。BB 弾の方が100倍楽です。詳細は↓↓にジャンプ。

フリクション多色芯の後ろを差し込む方法

 ゲタの履かし方にはいくつか方法があります。ビーズを入れる方法、ストローを使う方法、アダプタを自作する方法 etc. etc. その中でも簡単そうな、フリクション多色ペンのリフィルを差し込む方法をとりました。

 画像のように、フリクション多色ペン用のリフィルを、フリクションボールのお尻に差し込みます。このままでは安定しませんので、セロファンテープなど4でぐるぐる固定します。あとは、オリジナルリフィルに合わせた長さにカットするだけ。簡単でしょ?

2020.02.11 追記:BB 弾挿入方

(2020.02.11 追記:フリクションリフィルのお尻に 6mm BB 弾5 を挿入するだけで、ぴったり下駄を履かすことができます。ほんとに、びっくりするくらいぴったりです。ここまで説明した加工も一切無しで簡単すぎます。

使用感

 書き味は十二分。完全にフリクションボールです。ペン先の安定性も問題なし。まったく、ぐらつきません。フリクションらしい、しゃばしゃばしたインクフロー。Safari ローラーボールと同様感覚で使えます。

 Safari に限らず、ローラーボールは、ほぼ万年筆と同じ軸形状なんですよね。つまり、Safari の万年筆と同じ見た目6で、便利なフリクションが使えるんです。なんて素敵。ノック式ではなくキャップ式のため、元々のフリクションボールより使い勝手は正直落ちます。ただ、それを上回る “楽しさ” があります。

 そうそう、消しゴムについて言及するのを忘れていました。本来のフリクションボールのお尻には “消しゴム” がついています。このゴムの摩擦熱でインクの色を消すのです。ただし、当然ですが、LAMY Safari にはついていません。フリクションイレーザー を使用するのが、正規の解決法です。ただ、私の場合、フリクションライト7も常に併用していますので、フリクションライトのお尻で消せば問題ありません。完璧。

 なお、同様の方法で、エナージェルや SARASA のゲルインクリフィルも使えます。元のローラーボールより滑らかに書けておすすめ。フリクションとしてではなくローラーボールとして使う場合でも、替え芯はゲルインクリフィルがオススメです。

 イエローが一番アイコニックかも。
 今回はフリクションの青と赤を使うため、ブルーとレッドの軸を使用しました。

Pock­et
LINEで送る

  1. 水性ボールペンのこと []
  2. 油性ボールペン []
  3. シャープペンシル、シャーペンのこと []
  4. セロテープが切れていたので、養生テープを使用。セロテープの方がオススメです。 []
  5. 100均で買えます。300個入り(こんなにいらないけど。)。あるいはサバゲーする友達がいればもらえます。 []
  6. チープでキッシュでアイコニック []
  7. 蛍光ペン、マーカー []

「coco fusen INDEX」カンミ堂

Pock­et
LINEで送る

三種類、買い占め。

 クリアファイルに貼る、プラスチック製の便利な付箋。クリアファイルって、どのファイルにどの書類が入っているか分かんなくなっちゃうんですよね。この coco fusen INDEX を貼れば、どの案件の書類がどのファイルかすぐに取り出せて、感動しちゃうくらい便利です。

 シール部分だけ張り直せますし、なんならシールの箇所をフリクションで書いてますので、一度買えば、ずいぶん長く使えます。ただ、それでも一年半くらい使っているうちに糊が悪くなってきたり、15個あったクリアファイルが10個くらいに減ってきちゃいました。たぶん、誰かの手元に紛れたりしたのでしょう。

 で、新しいのを買い直そうとして衝撃の事実。なんと、2018年11月に終売していました。嘘やん、めっちゃ便利やのに。代替もないのに。Amazon でも楽天でも取扱は終了しています。なので、本記事にはリンクはなし。悲しいけれど、もう買えません。

 と、しょんぼりしていたのですが、たまたま隣駅の書店でデッドストックを発見しました。嬉しい。3種類とも買いだめです。これでしばらく安泰です。そう、この記事は便利な文房具の紹介ではなく、便利な文房具があった記録です。

関連商品:

 マーケットプレイスからの出品を発見。送料がかかりますが、買えるうちに買いだめを。

Pock­et
LINEで送る

「フリクションボール4ウッド」パイロット+「SMART-GRIP」UNUS PRODUCT SERVICE.

Pock­et
LINEで送る

奥:普通のフリクションボール4
中: フリクションボール4ウッド
手前:フリクションボール4ウッド+SMART-GRIP

 フリクションを使うようになって以来、普通のボールペンやシャープペンシルを使う機会が激減しました。ほぼ、フリクションしか使っていません。特に図面への書き込みに便利です。 図面はノートやメモと違い、書き損じがあると著しく読みづらくなりますから。なにより便利さ以上に、書き間違えてもいいという安心感が大きい。昔から非可逆的な行為が苦手なのです。

奥:普通のフリクションボール4
中: フリクションボール4ウッド
手前:フリクションボール4ウッド+SMART-GRIP

 常用している本体はフリクションボール4ウッド。4色をガチャガチャ切り替えて書けます。昔から単色でメモやノートを取るのが苦手。多色ペンが使いやすい。なお、本体色はブラック一択。4ウッドの他の色——ブラウンとグリーン——はメタリックカラーのダサさが常軌を逸していました。ロフト限定色は悪くありませんでしたので、明るめの色が欲しければ見てみてください。白がかわいい。ちなみにロフト限定色以外なら、東急ハンズでの購入がおすすめ。無料で即日名入れしてくれます。

リフィル:フリクションボール038 (ブラック、レッド、スカイブルー、フォレストグリーン )
交換用の消去用ラバー(フリクションボール4ウッド用・ブラック)

 使用リフィルは、フリクションボールスリム用の、太さ 0.38 mm のリフィルを。フリクションボール3、フリクションボール4用と互換性があります。通常の 0.5 mm 用より一回り細い線が引けますので、手帳など小さな文字にぴったり。なにより色数が豊富です。そう、ポイントは色数。標準のブルーとグリーンってだいぶ色味が暗いんですよね。ブラックとの書き分けがいまいち目立ちません。そこで、ブルーとグリーンの代わりに、スカイブルーとフォレストグリーンを使用しています。特にスカイブルーの鮮やかさは非常に読みやすくて気に入っています。(フォレストグリーンは正直明るすぎてあまり可読性が高くないかも。アクセント的に。)

不満点と、なんとか頑張ってみた。

 フリクションって見た目が安っぽいんですよね。正直、ダサい。このパッとしなさが最大の不満です。確かにフリクションボール4ウッドであれば、通常品に比べて幾分マシです。大幅にマシになります。重心もペン先側に移動し、持ちやすさも上がっています。ただ、どうもぼてっとしているんですよね。原因は3点。1点目はペン先の丸みを帯びたフォルム。素材と質感を変えただけで通常品と同じ形。そのせいで、ぼてっとした印象が拭えません。2点目は本体軸の素材。グリップ部分が金属でも本体軸が樹脂(プラスチック)である以上、質感の微妙さは消せません。最後に3点目の原因——そして致命的な欠点——がクリップ部分。謎のゴムのぷにぷにが付いているんです。通常品のプラスチックバネクリップから、金属製のスリムなクリップに変わった点は評価します。ちょっとシュッとした。ただ、なんなん? なんで変なぷにぷにを付けるん? 完全にゴミやん。いらんやん。このゴミさえなければ胸ポケットに挿したときも、それなりには見えたんちゃう。実際、ビズシリーズではいらんことせんと、シンプルな金属クリップやん。パイロットも高級文房具を作るノウハウはそれなりにあるはずでしょ。一体、なんなんなん?

上:普通のフリクションボール4(バネクリップ)
中: フリクションボール4ウッド (ぷにぷに付きの金属クリップ)
下:ロゴをメラミンスポンジで削り取ったフリクションボール4ウッド+SMART-GRIP

 取り乱しました。さて、一般的な 4C 対応ボールペンと違い、本体の選択肢がない以上、フリクションボール4ウッドのカイゼンを考えましょう。これで戦うしかない。まずはフリクションのロゴを消します。メラミンスポンジで丁寧にこすれば綺麗に消えます。ロゴがなくなるだけでもずいぶんと印象が落ち着きます。このメラミンスポンジでロゴを消す方法、いろいろなノベルティグッズなどでも活用できますので、覚えておいて損はありません。

奥:普通のフリクションボール4
中: フリクションボール4ウッド
手前:フリクションボール4ウッド+SMART-GRIP

 次に、 SMART-GRIP を装着してみます。フリクションボールやジェットストリームに取付可能な、金属製の互換グリップです。ペン先の丸みがなくなる分、しゅっとするのは確かです。 ただ、元のフリクションボール4ウッドも、グリップ部分の質感は悪くないんですよね。金属軸に木のグリップですし。むしろ、触り心地と握り心地と重さは、フリクションボール4ウッドの元のグリップの方が勝っています。見た目の好みで選んでください。買ってみたかってん。

上:フリクションボール4ウッドの金属クリップ(堅い)
下:普通のフリクションボール4のバネクリップ(使いやすい)

 やっぱり、互換グリップよりも互換クリップが欲しいですね。フリクションボール4の場合、お尻の消しゴムを外すと、クリップ部分が簡単に抜けるんです。ウッドだけでなく通常のフリクションボールも同様。つまり、バネクリップが欲しければ、通常品からウッドに移植できます。その場合、クリップ部分のロゴはメラミンスポンジで消し去ましょう。ぷにぷにゴム付き金属クリップか、半透明のプラスチッククリップの二択です。もはや、好みですね。諦めましょう。いや、ほんとは諦めきれてませんので、いい案があれば教えてください。

フリクションボール4ウッドにバネクリップを取り付けたキメラ(使いやすい)

関連商品:

Pock­et
LINEで送る

「ゴートレザーの名刺入れ」松下ラゲッジ

Pock­et
LINEで送る

手帳とペンと名刺入れ
手帳とペンと名刺入れ

 愛用の名刺入れです。圧倒的に薄い。内ポケットに入れても全く邪魔にならないサイズ。封筒型の見た目もかわいくてお気に入りです。

 薄さと引き換えに、マチがないため10枚程度の名刺しか入りません。マックスでも15枚まで。でも、普段使いには十分。薄さは正義です。1

Pock­et
LINEで送る

  1. 大人数の打ち合わせやイベント時には、予備の名刺入れを鞄に入れておけば大丈夫。 []

PILOT 万年筆 プレラ 買いました。ピンク。

Pock­et
LINEで送る



PILOT の万年筆、プレラを買いました。

安めの万年筆が欲しいなー。そろそろ、新ペン先から卒業したいなー、と前々から思っていましたで、手書きでいろいろ書く必要も増えてきましたこの機に、えいやと、買っちゃいました。

f:id:tanahata:20130129201415j:plain

ピンクです。
きれいなビビッドピンク。

予算は3000千円くらいでいろいろ調べていましたが、最終的には見た目で選びました。
文房具ですからね、見た目、大切。

f:id:tanahata:20130129201543j:plain

似たような製品に比べた特徴は、短いこと。
人によってはもっと長い方がバランスをとりやすいのでしょうが、やはり、短いと取り回しが楽です。

字、うまくなりたいです。(と言いながら、新しく買ったペンで30秒ドローイングしちゃってたから、だめ。)

 

Pock­et
LINEで送る