Surface Pro 7 を買いました。

Pocket
LINEで送る

 Surface Pro 7 を買いました。初めての Windows Tablet です。実は、6年半前(2013年末)に購入した MacBook Pro Retina 13″ が未だにゴキゲンに動いており、新しい PC 購入は少し先かなー、Ryzen 4000 搭載ノートを自由に選べるようになってからかなー、と思っておりました。ただ、2台目の PC が必要となり、急遽、Surface を購入しました。

Surface Pro 7(開封前)
買っちゃった。

 選定の条件は、12-14″ 程度のモバイル PC、HiDPI(3K 以上)、RAM 16GB 以上、タッチペン対応、(できれば)予算20万円以下。これらの条件にほぼほぼ合致するのが Surface Pro 7 でした1。HP や Dell にない、Microsoft の “特別感” もありますし2。あと、先日まで使用していた MacBook 程、“スカしていない” のも地味に嬉しい。

 構成は VNX-00014 [Surface Pro 7/Intel Core i7/SSD 256GB/RAM 16GB/Office Home and Business 2019/プラチナ] です。タイプカバーキーボードは US 配列も気になっていましたが、職場のラップトップが JIS のため混乱を防ぐためと、妻とも共用のため、普通に JIS にしました。

Surface Pro’s Windows Experience Index Score In Windows 10
Windowsエクスペリエンスインデックス結果

 懐かしの “Windowsエクスペリエンスインデックス” によるベンチマーク結果はこちらです。動作は上々。Lightroom Classic も快適に動きます。画面は小さめですが、HiDPI(2736×1824)で写真は高精細に表示できます。Lightroom のために RAM 16GB までスペックアップしましたが、Office 程度であれば Core i5/RAM 8GB でもよかったかも知れません。

 写真データや音楽ファイルなどは NAS に入れておりますので、SSD 容量は 256GB でも大丈夫です。ただ、OneDrive 容量が無料アカウントだと心許ないですね。特に Windows 10 ではデスクトップやマイドキュメントを完全に OneDrive と同期できるのが便利なのですが、その分、OneDrive 容量が必要になります。私自身のアカウント容量はロイヤリティボーナス等で 40GB 以上ありますが、妻のアカウントは標準の 5GB しかないのでさすがに足りません。Microsoft 365 Family が日本でも使えたら買うのになー。

 軽くて持ち運びも楽ちんなので便利に使っていますが、不満点としては端子の少なさ。具体的には有線 LAN と HDMI 端子は欲しかった。せめて、ThinkPad みたいに変換ケーブルが内蔵されてたら助かったのに、別売りですからねー。しかも、まあまあ、高い。

 また、iPad のように Windows タブレットとしても使えるかなって楽しみにしていましたが、まったくだめ。タブレットとして使おうにもタッチパネルだけで使えるアプリが全然そろっていません。ちょっと誤算でした。ただ、タブレットやペンも併用できる PC として使うなら便利。お絵かきだったり、PDF にペンで書き込みもできる。ただし、机の上に置いてキーボードは必須です。結局キーボードなしのタッチパネルのみで操作できるアプリがこんなに少ないなら、キーボードを取り外せるタイプの 2 in 1 にする必要はなかったのかな。

Lightroom 用に Behringer の X-TOUCH MINI を接続したところ
Lightroom 用に Behringer の X-TOUCH MINI を接続したところ

 なお、インストールしたソフトはこちらにまとめましたので、参考にしてください。

created by Rinker
マイクロソフト
¥13,100 (2020/09/22 03:48:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥9,118 (2020/09/22 04:41:37時点 Amazon調べ-詳細)
Pocket
LINEで送る

  1. その他候補;HP Spectre x360、Dell XPS 13 2-in-1 他 []
  2. 言うほど値段変わりませんけど []

「MacBook Pro Retina 13″ (Late 2013)」Apple

Pocket
LINEで送る

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)

 そろそろ新しい PC が欲しい。そう思って数年が経ちますが、どうも踏み切れません。なぜなら、6年前に買った PC が未だにゴキゲンに動いているからです。

 大学院を卒業する数ヶ月前に買った PC が MacBook Pro Retina 13″ (Late 2013) です。Intel Core i5-4258U (2.40GHz)、RAM 8GB、SSD 256GB と、未だに不自由していません。困ったことに。そりゃ、Lightroom で RAW 現像するときはもっと早い PC も欲しくなりますが、それでも不自由しない程度には使えるんですよね。データを NAS に入れるようにしたため、ストレージ不足も気にならなくなりましたし。

Intel Core i5-4258U @ 2.40GHz, RAM 8 GB, SSD 256 GB

 本機を使い続けている一番のお気に入りポイントは Retina ディスプレイ。 2560×1600 の HiDPI 仕様です。圧倒的に文字が綺麗。写真や動画の美しさもですが、なにより文字が読みやすい。もう、FHD には戻れません。ただ、2012年に MacBook Pro Retina が登場して7年以上経ちますのに、いまだに HiDPI の PC が普及せずとても悲しい。スマホより低解像度の PC を使用していて恥ずかしくないのでしょうか。 買い換え候補の PC も 3K 以上の HiDPI を必須条件としますと、とたんに選択肢が極端に少なく、金額も跳ね上がってしまいます。じゃあ、いまの PC を使い続けてればいっか、という気分に。新しい PC を買いたいのに、新しい PC を買うほどじゃないという、困った話です。

Window Experience Index

 なお、スクリーンショットで分かりますよう、macOS は一切使っていません。Boot Camp からの Windows 10 オンリーです。使用ソフトの詳細は Windows 10 x64 使用ソフト私的まとめ。​April 2019 を。当時一番安く買える HiDPI PC というだけで選びましたが、実は Mac は肌に合わなかった。買い換え時は、電源ボタンが del key の位置にない Windows PC を買います。絶対に。

電源ボタンの位置、おまえだけは6年経っても許せない。
Pocket
LINEで送る

「穴あきはさみ Pro 165mm」サンスター文具

Pocket
LINEで送る

 愛用の “はさみ” です。「かなめ」の部分が一点ではなく、スライド式になっています。そのため、使いやすさ、切れ味がとてもよい。
 なにより、見た目が非常に格好いい。見た目がよいと、気分もよくなります。

 ただし、メーカー廃盤。

Pocket
LINEで送る

「システム手帳 Plotter」 Designphil

Pocket
LINEで送る

Plotter leather binder Puebro (narrow)

 昨年からシステム手帳を使っています1。システム手帳なのに薄くて軽く、スーツの内ポケットに収まります。一年間の使用を経て、まさに私の求めていた仕様にぴったりだったと感じています。いままで文庫手帳ほぼ日や Edit、Loft 限定3年手帳などを使っていましたが、一旦、この手帳をゴールとします。 

開いたところ

 まず前提として、基本的に個人の予定は Google Calendar と個人スマホ、会社予定は Outlook Calendar と社用スマホで管理しています。つまり、手帳の予定ページはそこまで使いません。本質的に使いやすい「ノート」を求めています。 必要なページは月間カレンダーと方眼ノートのみ。週間ページは不要です。スーツの内ポケットに入るサイズが理想です。 

 ちなみにかつて EDiT のシリーズにあった、MONTHLY PLANNER EDiT B6 slim(170×84くらい、変型サイズ)という、「見開き月間カレンダーと残り全ページ方眼ドットの白紙ページのみ」という割り切った仕様の手帳があって最高だったのですが、なくなりました。悲しい。 

無地ページ。ノートとして使用。

 上記の使い方であれば「薄さに特化したマンスリー手帳」と「方眼リングノート」の2冊持ちとして、しばらく LOFT 限定の「月間 B6スリム 3年ダイアリー」という、「3年間の月間カレンダーのみが載った手帳」を使用していました。スーツの内ポケットにぴったり入る B6 変形サイズ&カレンダーのみのためとにかく薄いと、ある種、理想的な手帳でした。ノート別持ちが苦じゃなければ、この手帳を使い続けていたと思います。ちなみにマンスリー手帳と併用していたノートは、マルマン図案シリーズのA5方眼リングノートです。方眼ノート最高。 

 ただ、手帳とノートの2冊持ちが不便な場面&ノートも内ポケットに収めて両手を空けたい場面も時々あって、新しい手帳を探していました。その使い方で見つけたシステム手帳が Plotter です。軽さと薄さに特化した knoxbrain LUFT の後継モデル。ナローサイズを購入しました。 

マンスリーカレンダー。
基本的に Google カレンダー(個人)と Outlook(社用)で予定管理しているため、手帳にはあまり書き込んでいません。

 気に入った理由は「ナローサイズ」の存在。一般的な「バイブルサイズ」から横幅を縮小した変形サイズです。スーツの内ポケットにすんなり収まります。なんども繰り返していますが、私が手帳に求める必須条件です。一方デメリットはデザインフィル社2 以外から対応リフィルが発売されていないため、汎用性に欠ける点です3。カレンダーと方眼ノートのような一般的なリフィルだけでよけばあんまり困らないんですけどね。他社のおもしろリフィルは綴じられません。 

Puebro のブラウン。1年間エイジングが進んだ様子。

 革の種類には、シボ押しの ShrinkHorse Hair、軽く起毛した Puebro、昨年秋に追加されたスムースレザー Liscio があります。前者2つは正直安っぽく、昨年の段階では Puebro 一択のチョイスでした。今なら Liscio も悪くありませんね。ワインとブルーがきれい。4 

 使用リフィルは、ダイアリーリフィル(月間ブロック)メモパッド(2mm 方眼)を使用。アクセサリーリフィルには通常のリフター×2枚クリアポケット(KNOX)を。メモパッドの前後に厚紙が入っていたのでリフターなんていらないと思っていましたが、やっぱり、必要でした。 なお、ボールペンとしてはフリクションボール4ウッド+フリクションボール038リフィルを使用しています。結局、手帳には細字の多色フリクションが便利すぎました。

クリアポケットには手帳用シールと予備の名刺を。お気に入りのシールでしたが、いまは廃盤。
PAPER CRAFT museum のカメラ柄シールをぺたり

 今後は手帳をただのマンスリーカレンダー、ただのメモノートとして使うだけでなく、バレットジャーナルのような、いままでと違う使い方を模索していきたいですね。

Pocket
LINEで送る

  1. 当時の恋人からの誕生日プレゼント! []
  2. ブランドで言いますと Plotter と KNOX []
  3. 伊東屋でも Plotter コーナーを大きく取ってくれているのにナローサイズは取り扱っていなかったり、まあ、扱いが悪い。 []
  4. Puebro の起毛もすぐに寝てきますので、実質、スムースレザーです。 []

「曇りのち晴れ バックパック M」MOTHERHOUSE

Pocket
LINEで送る

 新しいリュックサックを買いました。
 撥水レザーを用いた、上下二層式のバックパックです1

MOTHERHOUSE 曇りのち晴れ バックパック M Navy

 学生時代から10年近く使い続けていたキャンバス地の 2 way バッグ2 がさすがにダメになってきて、新しいかばんを探していました。レザーかキャンバス地のリュック。冬のコートにも合うようなカジュアルすぎない落ち着いた見た目で、ビジネスバッグほど堅すぎず重すぎない見た目のリュック。ピンと来るまで2、3年は探し続けていましたが、ついに好みのバッグを見つけました。長かった。

 詳しい構造や素材については、MOTHERHOUSE の公式サイトを見てください。M と L サイズがありますが、日常使いには M サイズで充分ですね。上下の仕切りを閉じた状態でも、iPad Pro 9.7″ がぴったり収まります。モバイルノートや A4 以上の書類を入れるときは、上下の仕切りを開ければ対応できます。

上下中仕切りを閉めたときの、下半分。iPad Pro 9.7″ がぴったり収まります。

 参考までに、下部に荷物を入れたところを。HAKUBA のインナーケース(KCS-38DBK)がぴったり入ります3。マイクロフォーサーズなら、交換レンズを数本放り込んでも余裕ですね。なお、上半分もほぼ同じ内容積です。これからガシガシ使い倒していきます。

 その気になれば、本インナーケースが上下に2つ入ります。カメラ以外の保護にも。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥1,848 (2020/09/22 04:41:57時点 Amazon調べ-詳細)

 防水スプレーと違い、屋内でも塗布できるので便利です4
 スプレータイプなら M.MOWBRAYあたりがオススメ。

Pocket
LINEで送る

  1. 上下、繋げて使うことも可。詳細は後述。 []
  2. リュック&ショルダー []
  3. まさに、シンデレラフィット []
  4. ただしスエードは倒れちゃうのでダメ []

LAMY Safari ローラーボール:フリクション化計画

Pocket
LINEで送る

前置き

 フリクションの多色ペン、「フリクションボール4ウッド」を愛用しています。フリクションボール4には 0.38 mm の細芯を使えるため、手帳の筆記にぴったりです。ただ、欠点として、インクの減りがめちゃくちゃ早いのです。多色ペンの宿命ですね。持ち運びはフリクションボール4にして、デスクでは太さのあるリフィル(替え芯)が入るフリクションボールを使いましょう。

 で、ここで問題です。フリクションボールって、見た目が格好悪いんですよね。1本200円やそこらのボールペンに何を求めるのか、という話ですが。

 正規ルートでの解決策は2つあります。1つめが、フリクションボールノック ビズを使う方法。“ちょっといい” フリクションですね。まあ、悪くありません。ときどき誰かと被るでしょう。2つめが伊東屋から出ている ITOYA110 イレーサブルボールペン。文具屋さんの伊東屋オリジナルの高級フリクションです。高いだけあって、なかなかの質感です。ほとんど他人とも被りません。替え芯はフリクションボールと同じですので、ランニングは同じです。

created by Rinker
伊東屋
¥4,180 (2020/09/22 03:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

本題:LAMY Safari をフリクション化

 でも、どうせならもっと “素敵な” ボールペンを使いたいじゃない。安っぽくなく、高級すぎず、アイコニックなボールペン。LAMY Safari です。LAMY Safari にフリクションボールのリフィル(替え芯)を入れましょう。

 LAMY Safari には万年筆を筆頭に、ローラーボール1、ボールペン2、ペンシル3の4種類があります。今回はローラーボールをベースに改造します。改造と言っても、リフィルにちょっとゲタを履かせるだけです。

 Safari ローラーボールのオリジナルリフィル M63 とフリクションボールのリフィル LFBKRF を並べたところ。ほぼ、同じ太さで、お尻の長さだけがちょっと違うのが分かります。ここにゲタを履かせればいいのです。(追記:2020.02.11 BB 弾を入れる方法に変更しました。BB 弾の方が100倍楽です。詳細は↓↓にジャンプ。

フリクション多色芯の後ろを差し込む方法

 ゲタの履かし方にはいくつか方法があります。ビーズを入れる方法、ストローを使う方法、アダプタを自作する方法 etc. etc. その中でも簡単そうな、フリクション多色ペンのリフィルを差し込む方法をとりました。

 画像のように、フリクション多色ペン用のリフィルを、フリクションボールのお尻に差し込みます。このままでは安定しませんので、セロファンテープなど4でぐるぐる固定します。あとは、オリジナルリフィルに合わせた長さにカットするだけ。簡単でしょ?

2020.02.11 追記:BB 弾挿入方

(2020.02.11 追記:フリクションリフィルのお尻に 6mm BB 弾5 を挿入するだけで、ぴったり下駄を履かすことができます。ほんとに、びっくりするくらいぴったりです。ここまで説明した加工も一切無しで簡単すぎます。

使用感

 書き味は十二分。完全にフリクションボールです。ペン先の安定性も問題なし。まったく、ぐらつきません。フリクションらしい、しゃばしゃばしたインクフロー。Safari ローラーボールと同様感覚で使えます。

 Safari に限らず、ローラーボールは、ほぼ万年筆と同じ軸形状なんですよね。つまり、Safari の万年筆と同じ見た目6で、便利なフリクションが使えるんです。なんて素敵。ノック式ではなくキャップ式のため、元々のフリクションボールより使い勝手は正直落ちます。ただ、それを上回る “楽しさ” があります。

 そうそう、消しゴムについて言及するのを忘れていました。本来のフリクションボールのお尻には “消しゴム” がついています。このゴムの摩擦熱でインクの色を消すのです。ただし、当然ですが、LAMY Safari にはついていません。フリクションイレーザー を使用するのが、正規の解決法です。ただ、私の場合、フリクションライト7も常に併用していますので、フリクションライトのお尻で消せば問題ありません。完璧。

 なお、同様の方法で、エナージェルや SARASA のゲルインクリフィルも使えます。元のローラーボールより滑らかに書けておすすめ。フリクションとしてではなくローラーボールとして使う場合でも、替え芯はゲルインクリフィルがオススメです。

 イエローが一番アイコニックかも。
 今回はフリクションの青と赤を使うため、ブルーとレッドの軸を使用しました。

Pocket
LINEで送る

  1. 水性ボールペンのこと []
  2. 油性ボールペン []
  3. シャープペンシル、シャーペンのこと []
  4. セロテープが切れていたので、養生テープを使用。セロテープの方がオススメです。 []
  5. 100均で買えます。300個入り(こんなにいらないけど。)。あるいはサバゲーする友達がいればもらえます。 []
  6. チープでキッシュでアイコニック []
  7. 蛍光ペン、マーカー []

オーディオシステム私的まとめ。​

Pocket
LINEで送る

 新しいイヤホンを購入した喜びをブログに綴りましたが、部屋の中で音楽を聴くならスピーカーが一番なんですよね1。このタイミングで、愛用のシステムを整理します。

再生:ジャンル

 主にロック、ジャズ、ファンク。詳しくは Last.fm を見てください2。あと、おうち映画用に 2.1ch ホームシアターとして3

ネットワーク CD レシーバ:Marantz M-CR611

 CD、FM/AMラジオ、音楽ファイル、音楽ストリーミング、光デジタル経由での再生に対応した、ミニコンポです。DLNA / Air Play で FLAC や ALAC 音源を PC から再生させたり、Spotify Connect で Spotify を直接ストリーミング再生させる使い方が中心です。NAS4上の音源を直接再生させることもできますが、Windows 上の MusicBee から DLNA で飛ばす方がメイン。ただ、最近はほとんど Spotify Connect で音楽を聴いています。また、光デジタルでテレビの音声も出力可能。テレビ内蔵スピーカーに比べ、映画の迫力が変わります。本機の特長として 4ch アンプを内蔵しています。2ch スピーカーをバイアンプ駆動できますので、バイワイヤ対応スピーカーが本気出しちゃいます。現在は、後継機の M-CR612 が販売中。

スピーカー:Wharfedale Diamond 225

 イギリスのスピーカーブランド、ワーフェデールのブックシェルフ型。Diamond 200 シリーズのブックシェルフ型の中では最上位モデルになります。選択理由は正直、予算ありきでした。ペアで5万円前後。候補は 5ch のテンプレ を参考に。いまでも専門板は信用できます。この中から、165mm 級ウーファー、バイワイヤ対応5の条件で絞りますと、Wharfedale Diamond 225 か Monitor Audio Bronze 2 になります。あとは好みですね6

スピーカースタンド:ハヤミ NX-B300

 スピーカーを充分鳴らすには、きちんと耳の高さに設置することが大事。本スタンドは H450mm と、ソファに座った状態でのリスニングに最適です。スピーカー本体サイズ W196 x H355 x D290mm に対し、天板サイズ W190 x D230 と微妙に小さいのですが、インシュレータの設置を考慮すると問題なく。トップ写真参考。

インシュレータ:audio-technica AT6098

 オカルトみたいな話ですが、びっくりするくらい音が変わります。Diamond 225 には標準でゴム足のインシュレータが付いてきますが、AT6098 に替えることで、音の傾向が一変します。よく言うと低音の “ぼわつき” がなくなり、中高音が粒立ち、音が澄みます。悪く言いますと、音が痩せます。このあたりは好みですね。(追記)付属のゴム足に比べ、ちょっと高音が出すぎます。困った。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥3,441 (2020/09/22 04:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

サブウーファー:ONKYO SL-T300

 低音域を広げるために、サブウーファーを追加購入。テレビラックの中に収まるサイズですと、選択肢はヤマハ YST-FSW050YST-FSW150、オンキヨー SL-T300 の三択。ただ、ヤマハのはハイカットフィルタの設定ができなかったり、ヤマハ機器としか連動が取れなかったり、電化製品としての設計が古すぎるので却下。ゴム足のインシュレータを同時購入。

 設定はバランスを崩さないように、ハイカットフィルタを 80Hz 程度、ボリュームも控えめに。サブウーファーとしては廉価ですし、ラック内という微妙な設置ですので、音質については語りません。それでも低音が増すことで映画はもちろん、音楽再生も締まりますね。ファンクが楽しい。

音楽再生ソフト (Windows):iTunes + MusicBee

 CD リッピングには iTunes を使用し、Apple Lossless (ALAC) で取り込み。再生自体は、MusicBee から UPnP/DLNA で M-CR611 に送っています。なお、ファイル置場は NAS。かつては EAC から FLAC+CUE で真面目にリッピングしたりもしていましたが、結局 iTunes でファイル管理が便利なのよね。MusicBee には “iTunes Media” フォルダ以下を読み込ませています。

ラジオ再生方法:Radiko Player + Airfoil

 M-CR611 には FM/AM チューナも付いていますが、この部屋には電波が入りません。地デジ移行で VHF アンテナが撤去されてからは、テレビの同軸ケーブルに接続しても受信できなくなりました。悲しい。Radiko で聴くしかありません。M-CR611 は AirPlay に対応していますので、Radiko Player で Radiko 再生+ Airfoil で AirPlay 送信という方法になります。Mac や iPhone / iPad ならもっと手軽です。なお、大阪のラジオ、FM802 を聴きたいため、ラジコプレミアム会員です。

ストリーミングサービス:Spotify Connect

 最近はほとんど Spotify ばかり聴いています。同一ネットワーク上の Spotify Connect 対応コンポから音楽再生できます。最近は登録バンド、登録曲も拡充されてきて、ほとんど Spotify しか聴いていません。

スマホ再生 (Android):MusicBee + Google Play Music

 かつては iPod7 も使っていましたが、いまは全てスマホですね。Windows から Android への転送ソフトは MusicBee。PC に取り込む音楽ファイルは可逆圧縮の ALAC ですが、スマホには非可逆圧縮の AAC で送ります。qaac を用いてオンザフライ変換します。エンコーディングパラメータには「-v256 -q2 -o [outputfile] –」を指定。iTunes Plus (256k) と同じ音質にしています。外出先ではこれで充分。Spotify に登録されていないアルバムだけをまとめたプレイリストを作り、Spotify 未登録曲だけスマホ転送しています。

 Android 上の再生アプリは、標準の Google Play Music を。アルバムアーティストが、ちゃんと反映されるプレーヤーって非常に少ないんですよね。とはいえ、ほとんど、Spotify を聴いています。

ワイヤレスイヤホン:SONY WF-X1000M3

 前記事参照。なお、イヤホン/ヘッドフォン使用遍歴としては、MDR-EX90SL、AKG K518DJ、DENON AH-NCW500、audio-technica ATH-BT08NC、Bose QC30 など。8

欲しいもの:Marantz NR1710 + Wharfedale Diamond 210

 M-CR611 を愛用していますが、Marantz からは別ジャンルの AVアンプとして NR1710 も出ています。音楽用途ではなく、ホームシアターにシステム変更を検討中。メインは音楽再生のままですが、NR1710 ならステレオ再生機としても M-CR600 シリーズに負けないみたいですし。ちゃんとバイアンプ駆動にも対応しているみたい。リアにスピーカーを追加するなら、フロントと同じ Wharfedale Diamond 200 シリーズから、一番安い Diamond 210 かな。悩ましい。もっとも、一番の問題は設置場所なんですけど。

created by Rinker
marantz(マランツ)
¥73,000 (2020/09/22 03:32:33時点 Amazon調べ-詳細)
Pocket
LINEで送る

  1. どうしても密閉感に疲れちゃいます。オープンエアーなら別かも知れませんが、外出が前提ですとクローズドを選んじゃいます。あと、曲によっては定位が側方から後方によっちゃうのも疲れる原因かな。 []
  2. 音の傾向はフラットが好みですが、聴くジャンルがブリブリしています。 []
  3. Amazon Prime めっちゃ便利。 []
  4. Synology DiskStation DS218jHDD 4TB ×2枚 []
  5. せっかくのバイアンプを生かしたいじゃない! []
  6. ぶっちゃけ見た目の好みで選びました。 []
  7. 3rd Gen. ボタンが赤く光るやつ []
  8. もっとあるはずですが、思い出せません。 []