日本語とアルファベットとの間の半角スペースを Word で一括削除する方法。

日本語とアルファベットとの間の半角スペースを Word で一括削除する方法。

日本語とアルファベットとの間のスペースは必要です。絶対に。

 Web 上で日本語とアルファベット(英数字)の混植するとき、日本語とアルファベットの間に半角スペース(U+0020、0x20)を入れるかどうかで意見が分かれています。

 読みやすさのためには半角スペースが必要、DTP への使い回しを優先させるべき、見栄えは CSS やソフトに任せるべきだ、バッドノウハウだ、半角スペースなんて大嫌い、可読性なんて Web の理想を抱いて溺死しろ。などなど、様々な意見があります。というか、以前にも、充分、語りました。

 結論を言います。
 わたしは、半角スペースを入れます
 理由は明快。

 半角スペースを入れた方が読みやすいからです。

 実際、Word や InDesign では、自動的に日本語とアルファベットの間に文字間が空きます。1 身の回りの書籍でも、ほぼ 100%、日本語とアルファベットの間はスペースが空いています。

 なぜなら、読みやすいからです。

 そう、読みやすさのためには日本語とアルファベットの間には文字間スペース2 が必要です。CSS で日本語アルファベット間スペースを指定できない 3 以上、見栄えと可読性のためにスペースを入れます。4

 さて。
 一方、半角スペースを否定する大きな根拠として、DTP 用にデータの使い回しができないという問題があります。
 確かに Word や InDesign で文書を書くときは半角スペースが不要です。
 いえ、半角スペースがありますと、デザインが崩れて困ります。

 だから Web やプレーンテキストでも半角スペースを抜く?
 使い回しと理想のために見栄えを捨てる??
 本末転倒です。

 Word で読みやすい体裁で書く?
 違うでしょ、Word 機能を駆使して Word にふさわしい体裁を整えなおす。それが正しい Word の使い方です。

Word を利用して、日本語とアルファベット間の半角スペースを削除する方法。

 ここからが本文です。

 Word の「オートフォーマット機能」を利用して、不要な半角スペースを削除しましょう。まず、オートフォーマットの設定をします。

Word2013 オートフォーマットの設定

 ファイル > オプション > 文章校正 > オートコレクトのオプション > オートフォーマット(タブ) > 日本語と英数字の間の不要なスペースを削除する(C) にチェックを入れます。

 つぎに、オートフォーマットに簡単にアクセスできるよう、クイック アクセス ツール バー を設定しましょう。

クイック アクセス ツール バーの設定

 ファイル > オプション > クイック アクセス ツール バー から、「オートフォーマット…」をクリックして追加します。

 あとは、オートフォーマットボタンを 1 click するだけで、(Word や InDesign 上では)不要なスペースが綺麗さっぱり削除されます。便利。

 同様に、オートフォーマットを利用することで、文頭の全角スペースもインデントに変換できます。5

 また、Word のオートフォーマットを使うことで、クォーテーションを自動でそろえられる点も素敵。まぬけ引用符 “dumb quotes” にさようなら。6
 ただ、オートフォーマットだけですと、Rock ’n’ Roll や ’cause, ’em, ’bout あたりの短縮形に対応していませんので、一部は手動で直しましょう。7

 余計なことをすると酷評されがちな Word のオートコレクト/オートフォーマット機能ですが、使いこなせばこれほど便利な機能もありません。
 Web でも印刷物でも、特定の書き方に拘泥せず、それぞれに合わせた体裁で、読みやすく美しい文章を。

  1. 半角スペース(U+0020、0x20)が入るわけではありません。 []
  2. 半角スペースであれ、カーニング処理であれ。 []
  3. 参考: 自動で半角スペース挿入 []
  4. HTML と CSS の思想なんてくそ食らえ。もともと、英語に最適化されていますしね。 []
  5. Web では CSS で指定しろ、という考えもありますが、日本語は原稿用紙が基本ですからねー。行頭スペースではなくインデントが正しいと一概には言えません。 []
  6. 参考: I Love Typesetting: InDesignによる欧文組版の基本操作その4 []
  7. むしろ、綺麗な英語を使いましょう? []

​W​i​n​d​o​w​s​ ​S​e​a​r​c​h のインデックスデータ「Windows.edb」​が HDD を 50GB ほど占拠していました。

 数日前から C ドライブの様子がおかしい、空き容量が 数百 MB しかない、という状況に陥っていました。

 DriveAnalyzerDiskInfo を利用しても、何十 GB も占拠している未知のファイルやフォルダは見えません。

 こりゃ、アクセス権限がないフォルダ内に勝手にバックアップか何かを作られたな、と判断。
 そういうファイルは仮に見つけても消すのに一苦労だったりしますので、こんなこともあろうかと用意していた Ubuntu 12.10 を USB メモリから起動し、適当に C ドライブを探してみました。

 探すこと数分、犯人を発見しました。
 犯人の正体は、

“C:\ProgramData\Microsoft\Search\Data\Applications\Windows\Windows.edb”

 というファイル。
 調べてみますと、Windows Search サービス用のインデックスファイルでした。

 この、インデックスファイル、肥大化することに定評があり、数 GB くらいまではよく膨れあがってしまうそうです。

 とはいえ、50GB 強は破格。
 数 TB の HDD を何台もぶら下げているとかでもないのにね。

 膨れあがった原因は不明ですが、なんとか処理できてよかったです。

 Windows.edb が 50GB 強になっているスクリーンショットを取り忘れたのはうかつでした。

 ごめんなさい。

 ですよねー。
 OS 標準検索ツールの代わりとしては、fenrir参考)や Everything がおすすめです。

 膨れあがる W​i​n​d​o​w​s​ ​S​e​a​r​c​h のインデックスデータ ですが、インデックスの保存場所を変更することが可能のようです。
 保存場所を D ドライブなどに変更すれば、多少、インデックスデータが膨らんでも安心ですね。

Windows使いなら冗談抜きで10倍は捗る2画面ファイラー、フリーソフト「だいなファイラー」がほんとに捗る

Windows使いなら冗談抜きで5倍は捗る多画面ファイラー、フリーソフト「Q-Dir」がほんとに捗る*frasm

f:id:tanahata:20130114223914p:plain

 上記事をひねっていろいろ書こうかと思いましたが、やめました。
 冗談はさておき、だいなファイラーをはじめとする2画面ファイラーは、ほんと便利なのでおすすめです。

 代表的な2画面ファイラーとしては、

 などが有名です。
 上記4つの中では、やはり、だいな が最も初心者向けでしょう。
 より複雑なことがしたければ、あふwを、カスタム命な方は PPx かな。
 NexusFile は柔軟性に欠ける気もしますが、これはこれで良さそうです。

 まあ、この手のファイラーはどれも一癖、二癖のあるものですので、語り出すと止まらないでしょう。それぞれのユーザー側にも一家言ある人が多いでしょうから。
 だいなファイラーについては、いずれ本家ブログの方で書きたいです。

 詳しくは、

 などのリンク先を参考に。

 あえて一頃だけ言うなら、関連付け版ポチエス(esExt5)との連携が肝でしょうね。

 なお、前述の Q-Dir は初めて名前を聞きましたので、時間のあるときにでも試します。

Windows 8 x64 使用ソフト私的まとめ。​January 2013

Windows 8 x64 使用ソフト私的まとめ。​January 2013

 毎年恒例(?)、Windows 上で使用しているソフトをまとめました。1

 昨年との違いは、OS が Windows 7 から Windows 8 に変わったことくらい。細かい変更はあるものの、だいたいのソフトウェアは固定されたままです。新規開拓できてませんね。

 なお、商用ソフト・シェアウェアはオレンジの太文字で表示しています。
 開発が終わってしまったソフトの代替を中心に、おすすめのソフトがありましたら、コメント欄か Twitter まで、よろしくお願いします。

Read More

  1. 毎年恒例、と言ったものの、かなり不定期です。 []

無敵のコマンドラインランチャー、 fenrir。

無敵のコマンドラインランチャー、 fenrir。

 明けましておめでとうございます。
 新年、一発目の記事として、fenrir について語りたいと思います。

 キーボード主体のランチャーソフトは数あれど、ダントツに使いやすいコマンドラインランチャーといえば、fenrir です。1
 すべての指定フォルダ以下のファイルをスキャンし、ファイル名をインクリメンタル検索しソフトを立ち上げる、非常にシンプルなランチャー(兼、簡易ファイラー)です。

 詳しい使い方の説明は省きます。fenrir – FrownWikifenrir導入編 – Memo on the Electronfenrir導入編 – つかさのほえほえ日記 などを参考にしてください。
 ほんと、べんりですよ。

Read More

  1. 主観評価。 []

秀丸のアイコンをかわいく変更する。

秀丸のアイコンをかわいく変更する。

 フリーのテキストエディタは数あれど、1 やはり、秀丸エディタEmEditorWZ EDITOR などの有料エディタはアタマひとつ抜けています。2

 なかでも、わたしがずっと愛用しているのは秀丸エディタです。ほんとうに使いやすいと思うの。

 ただね。
 秀丸にはひとつ欠点がありまして。

 それは、ほんとうに見た目が古くさいこと。
 いつの時代のアイコンよ、って感じ。秀ってなに?3

 そこで、アイコンモジュールとリソースエディタを利用して、秀丸をかわいくしちゃいましょう。

Read More

  1. フリーのテキストエディタの中では、Mery がいい感じです。
    2.0.x Beta は作者ブログより。 []
  2. なお、Vim (vi) や Emacs との宗教戦争を行う気はありません。あしからず。 []
  3. 「秀英体」でしたら納得しましたのに。 []