docomo, au, SoftBank 3社の電波帯域を表に塗り分けました。

Bookmark this on Delicious
Pocket
LINEで送る

 ソフトバンクによるイー・アクセスの買収をうけて、docomo、au、SoftBank の電波周波数帯域の割り当てがどのようになったのか気になり、表に示してみました。
 イーアクセス(EMOBILE)と Willcom は SoftBank 色、UQ WiMAX は KDDI(au)色で塗ってしまいました。

 なお、表の縦幅が周波数の幅です。1px が 1MHz です。1
 周波数によって 1MHz の重みも違うようですので、参考程度に。

日本の携帯電波周波数、割り当て一覧:

俗称 上り 周波数(MHz) 下り 周波数(MHz) 割り当てキャリア 備考
700MHz帯 718 – 728 773 – 783 KDDI LTE
728 – 738 783 – 793 NTTドコモ Xi
738 – 748 793 – 803 イーアクセス LTE
 
800MHz帯 815 – 825 860 – 870 KDDI LTE
825 – 830 870 – 875 CDMA2000 など
830 – 845 875 – 890 NTTドコモ FOMAプラスエリア
845 – 850 890 – 895 ガードバンド
 
900MHz帯 900 – 905 945 – 950 ソフトバンク プラチナバンド
905 – 915 950 – 960 LTE
 
1.5GHz帯 1427.9 – 1437.9 1475.9 – 1485.9 ソフトバンク ULTRA SPEED
1437.9 – 1447.9 1485.9 – 1495.9 KDDI LTE
1447.9 – 1462.9 1495.9 – 1510.9 NTTドコモ Xi
 
1.7GHz帯 1744.9 – 1749.9 1839.9 – 1844.9 未定
1749.9 – 1754.9 1844.9 – 1849.9 イーアクセス LTE
1754.9 – 1759.9 1849.9 – 1854.9 W-CDMA,LTE など
1759.9 – 1764.9 1854.9 – 1859.9 W-CDMA など
1764.9 – 1784.9 1859.9 – 1879.9 NTTドコモ(東名阪) FOMA
 
1.9,2GHz帯 1920 – 1940 2110 – 2130 KDDI CDMA2000, LTE など
1940 – 1960 2130 – 2150 NTTドコモ FOMA, Xi
1960 – 1980 2150 – 2170 ソフトバンク SoftBank 3G, LTE
 
2.5GHz帯 2545 – 2575 Willcom XGP
2575 – 2580 ガードバンド
2580 – 2590 41社  
2590 – 2595 ガードバンド
2595 – 2625 UQ WiMAX WiMAX

 こうしてみますと、SoftBank による eAccess の買収は、いい買い物だったのだな、と分かります。逆に言いますと、eAccess 買収でもしない限り、docomo と au と戦うには厳しいようで2 。にしても、やっぱり、docomo は有利ですね3

 少なくとも、SoftBank に eAccess の 700MHz 帯を取られたら、docomo と au が不利で仕方がない!不当競争だ!といった類ではなさそうでした。4

参考:

関連商品:

 『猿と犬のサルサ』は名曲です。5

Bookmark this on Delicious
Pocket
LINEで送る

  1. ほぼ。 []
  2. とくに低周波数帯。 []
  3. 首位のNTTドコモはiPhone5の販売競争に続き、今回の買収合戦でも蚊帳の外だったとか言われちゃってるんですけど。 []
  4. むしろ、米ゴールドマン・サックス丸儲けという。鳶に油揚げ。 []
  5. EMOBILE の猿と、SoftBank の犬 から、KAN につなげたかっただけの記事でした。 []

コメントを残す