夏越祓 (御誕辰祭 大茅の輪くぐり) at 北野天満宮

Pocket
LINEで送る

 北野さんで夏越祓(なごしのはらえ)に参加してきました。

f:id:tanahata:20120630152003j:plain

御誕辰祭 大茅の輪くぐり(ごたんしんさい・おおちのわ) | 北野天満宮 【公式サイト】 KITANO TENMANGU (きたのてんまんぐう)

f:id:tanahata:20120630153002j:plain

 写真に写る、「茅(ち)の輪」をくぐり、半年の厄を祓うお祭りです。

f:id:tanahata:20120630161435j:plain

 切麻をまいたところ。

f:id:tanahata:20120630161912j:plain

 まずは神職の方が茅の輪をくぐります。

f:id:tanahata:20120630162729j:plain

 そのあと、参拝者が列になって厄を祓いました。

f:id:tanahata:20120703235449j:plain
 最後にいただいたお干菓子。
 あまくておいしかったです。

 なお、厄を祓ったその足で焼き肉を食べたという、浄も不浄もない話でした。

Pocket
LINEで送る

お手軽コーヒーとドラマチックトーン

Pocket
LINEで送る

f:id:tanahata:20120625081015j:plain

 メロンパンと一緒に、こんな朝も。

Pocket
LINEで送る

壬生寺

Pocket
LINEで送る

 新撰組で有名な、壬生寺に行きました。
 律宗のお寺です。

f:id:tanahata:20120622153947j:plain
 壬生寺っ。

f:id:tanahata:20120622154915j:plain
 壬生延命地蔵尊の名の通り、お地蔵さんがたくさんいます。

f:id:tanahata:20120622154127j:plain
 水掛地蔵。

f:id:tanahata:20120622153820j:plain
 ご本堂。
 赤いです。

f:id:tanahata:20120622153841j:plain
 千体仏塔。
 仏塔自体は平成元年と新しいものですが、室町時代からの石仏が千体安置されています。

f:id:tanahata:20120622154024j:plain
 夕方に訪れましたので、ちょうどご本堂の後ろから西日が照っています。
 基本的にお寺は、西方浄土に向かって拝むように建てられます。

f:id:tanahata:20120622154702j:plain
 壬生塚には、新撰組隊士にお墓が。

f:id:tanahata:20120622154736j:plain
 近藤さんの石像も。
 新撰組大好きっぽい人たちが多数、参拝していました。

 他の観光地と少し離れていますが、お好きな方は是非。

Pocket
LINEで送る

わらび餅、きな粉ましまし。

Pocket
LINEで送る

f:id:tanahata:20120612211548j:plain

わらび餅。抹茶味。

f:id:tanahata:20120612212313j:plain

きな粉はたっぷり。
余ったきな粉も、スプーンで食べるの。

Pocket
LINEで送る

髪を切りました。あと、最近読んだ雑誌。

Pocket
LINEで送る

暑くなってきましたので、一言、短くしてください、とだけ頼みました。
すっきり。

以下、最近読んだ雑誌とムック。

シス管系女子、kill! kill!! kill!!!(本筋はそこじゃない。)

PEN のアートフィルターの使い方と作例集。
Instagram 的な、トイカメラ風加工の仕方や作例が一杯載っていて楽しい。
トイカメラ風加工って下手にすると安っぽくなるだけですが、上手にかけると雰囲気が出ます。

PEN、かわいい。
いろいろなミラーレスが発売されましたが、見た目のかわいさは PEN が一番です。
レンズを向けられても怖くないカメラって大事ですよね。

 

吉高由里子さんは美人でも、ファッションアイテム的に Kiss をぶら下げるのは微妙。
無骨だからかしら??

あと、能年玲奈さん、かわいい。
ちょっと惚れました。

 

女子カメラ的な雑誌を見たあとに、男性向けのカメラ雑誌を見ますと、全然、色が違っておもしろいね。
やっぱり、荒木経惟の写真は破壊力あります。

 

でも、鮮やかで目を引く写真やオシャレな作例を観たければ、カメラ雑誌よりもファッション雑誌。

Pocket
LINEで送る

佐伯祐三と“わなか”のたこ焼き

Pocket
LINEで送る

 日本橋~難波~心斎橋あたりをお散歩 & お買い物しました。

 まずは、日本橋にある笹部洋画材料店でお買い物。
 使い捨てるようなやっすい筆と、研究室の机の上に置いておく用のやっすい色鉛筆を購入。
 笹部に行きますと、ちゃんと絵を描きたくなります。
カワチ画材店Tools みたいな可愛いお店じゃありませんが、可愛いお店よりもずっとテンションが上がります。
 テンションが上がりすぎて多めに買い込んじゃいました製図材料がまだ、部屋に転がっています。

 そのあと、日本橋からでんでんタウンをぶらぶら。
 大源味噌かみがたを購入。
 おいしいお味噌汁を作るの。

 電気街をぶらぶらしていましたら、三菱の冷蔵庫、MR-H26T が目に付きました。
 冷凍庫が広くて羨ましい。
 買い換えるなら、この子だなー、なんて。

 平日ですとおっちゃんも少し暇なのでしょう。
 冷やかしやねん、と断っていても、親切に相手してくれます。

 日本橋から難波の方に、道具屋筋を通って、千日前へ。
 お腹がすきましたので、わなかのたこ焼きを食べました。
 もちろん、ねぎをトッピング。

f:id:tanahata:20120608151535j:plain

 やっぱり、わなかのたこ焼きは、おいしいです。
 
  正式には(?)、たこ焼きは、爪楊枝を2本使って食べるものですが、大阪生まれ、大阪育ちですのに、たこ焼きを爪楊枝2本で食べるのが苦手です。
 いつもお箸をもらっちゃいます。
 お箸の方が食べやすいですからね。

 ここで、爪楊枝2本?と思った方はモーメントを知らないかしら?
 一舟を二人で分けるようだと思っているのかしら??
 爪楊枝1本だけを使うような、ケッタイな食べ方は止めてください。
 くるっと回って、みっともないですよー。

 さてさて。
 たこ焼きで HP を回復した後は、心斎橋筋などでお買い物。
 シャツとズボンを買いました。
 GAP の店員さんは、レディースコーナーでも普通に試着を勧めてくれて助かります。
 細身ですと、メンズじゃだぼだぼになっちゃうの。
 特に GAP は大きめです。
 なお、2割引の日でした。

 お買い物の後は、本日のメインイベント、というか、このために心斎橋まで来ました。
 『佐伯祐三とパリ ―ポスターのある街角―』展覧会です。

f:id:tanahata:20120608174300j:plain

 佐伯祐三の絵を見ていますと、脳みそ揺さぶられるような、立ち眩みを起こしそうな、意識が自分の後ろに飛んでいきそうな、そんな、圧倒的なナニカを覚えます。
 2008年に大阪市立美術館で始めてみたときと、同じ衝撃を、今回も受けました。
 洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵という表現を使った理由が、佐伯祐三の絵を見ますと、なるほど、しっくりきます。
 洲之内徹さんのコレクション展にある絵を盗みたいとは思いませんでしたが、今回は盗みたくなりました(笑)

 もちろん盗めませんでしたので、展示作品入れ替え後の後期もまた、見に来ましょう。
 次は晴れたらいいな。

Pocket
LINEで送る

気管支炎になりました。

Pocket
LINEで送る

 風邪から咳が止まらず、困っていましたが、諦めて病院へ行きました。

 胸から異音がすると言われてレントゲンを。
 気管支炎でした。

「ここに影が見えるでしょ?」

 って、レントゲン写真を見ながらお医者さんに言われましたが、ごめんなさい、よく分かりませんでした。

 その後、血液検査&お薬の点滴。
 点滴は生まれて初めてです。
 できれば、もう、あんまり受けたくありません。

 白血球の増加が見られなかったため、気管支炎の原因は重症な細菌ではなく、ウイルスか、噂のマイコプラズマらしいです。

 マイコプラズマだと怖いので、と、たくさんお薬をいただきました。
 今日から、ヤクチューです。ちゅー。

f:id:tanahata:20120605193021j:plain

 注射に耐えた、自分へのご褒美にお団子を買いました。

Pocket
LINEで送る