祇園祭

Pock­et
LINEで送る

f:id:tanahata:20120717182837j:plain
 神幸祭(神輿渡御)。
 祇園さん、八坂神社の前で。

Pock­et
LINEで送る

Schick × ヱヴァンゲリヲンキャンペーン

Pock­et
LINEで送る

Schick × ヱヴァンゲリヲンキャンペーン

f:id:tanahata:20120709090630j:plain

 シェービングジェルフォーム × 綾波レイ

 綾波レイに釣られてかったシェービングフォーム。
 やっぱり、いつものシェービングジェルの方が肌に合うみたいです。

Pock­et
LINEで送る

夏越祓 (御誕辰祭 大茅の輪くぐり) at 北野天満宮

Pock­et
LINEで送る

 北野さんで夏越祓(なごしのはらえ)に参加してきました。

f:id:tanahata:20120630152003j:plain

御誕辰祭 大茅の輪くぐり(ごたんしんさい・おおちのわ) | 北野天満宮 【公式サイト】 KITANO TENMANGU (きたのてんまんぐう)

f:id:tanahata:20120630153002j:plain

 写真に写る、「茅(ち)の輪」をくぐり、半年の厄を祓うお祭りです。

f:id:tanahata:20120630161435j:plain

 切麻をまいたところ。

f:id:tanahata:20120630161912j:plain

 まずは神職の方が茅の輪をくぐります。

f:id:tanahata:20120630162729j:plain

 そのあと、参拝者が列になって厄を祓いました。

f:id:tanahata:20120703235449j:plain
 最後にいただいたお干菓子。
 あまくておいしかったです。

 なお、厄を祓ったその足で焼き肉を食べたという、浄も不浄もない話でした。

Pock­et
LINEで送る

お手軽コーヒーとドラマチックトーン

Pock­et
LINEで送る

f:id:tanahata:20120625081015j:plain

 メロンパンと一緒に、こんな朝も。

Pock­et
LINEで送る

壬生寺

Pock­et
LINEで送る

 新撰組で有名な、壬生寺に行きました。
 律宗のお寺です。

f:id:tanahata:20120622153947j:plain
 壬生寺っ。

f:id:tanahata:20120622154915j:plain
 壬生延命地蔵尊の名の通り、お地蔵さんがたくさんいます。

f:id:tanahata:20120622154127j:plain
 水掛地蔵。

f:id:tanahata:20120622153820j:plain
 ご本堂。
 赤いです。

f:id:tanahata:20120622153841j:plain
 千体仏塔。
 仏塔自体は平成元年と新しいものですが、室町時代からの石仏が千体安置されています。

f:id:tanahata:20120622154024j:plain
 夕方に訪れましたので、ちょうどご本堂の後ろから西日が照っています。
 基本的にお寺は、西方浄土に向かって拝むように建てられます。

f:id:tanahata:20120622154702j:plain
 壬生塚には、新撰組隊士にお墓が。

f:id:tanahata:20120622154736j:plain
 近藤さんの石像も。
 新撰組大好きっぽい人たちが多数、参拝していました。

 他の観光地と少し離れていますが、お好きな方は是非。

Pock­et
LINEで送る

わらび餅、きな粉ましまし。

Pock­et
LINEで送る

f:id:tanahata:20120612211548j:plain

わらび餅。抹茶味。

f:id:tanahata:20120612212313j:plain

きな粉はたっぷり。
余ったきな粉も、スプーンで食べるの。

Pock­et
LINEで送る

髪を切りました。あと、最近読んだ雑誌。

Pock­et
LINEで送る

暑くなってきましたので、一言、短くしてください、とだけ頼みました。
すっきり。

以下、最近読んだ雑誌とムック。

シス管系女子、kill! kill!! kill!!!(本筋はそこじゃない。)

PEN のアートフィルターの使い方と作例集。
Insta­gram 的な、トイカメラ風加工の仕方や作例が一杯載っていて楽しい。
トイカメラ風加工って下手にすると安っぽくなるだけですが、上手にかけると雰囲気が出ます。

PEN、かわいい。
いろいろなミラーレスが発売されましたが、見た目のかわいさは PEN が一番です。
レンズを向けられても怖くないカメラって大事ですよね。

 

吉高由里子さんは美人でも、ファッションアイテム的に Kiss をぶら下げるのは微妙。
無骨だからかしら??

あと、能年玲奈さん、かわいい。
ちょっと惚れました。

 

女子カメラ的な雑誌を見たあとに、男性向けのカメラ雑誌を見ますと、全然、色が違っておもしろいね。
やっぱり、荒木経惟の写真は破壊力あります。

 

でも、鮮やかで目を引く写真やオシャレな作例を観たければ、カメラ雑誌よりもファッション雑誌。

Pock­et
LINEで送る