棚旗さん家の、コーヒー道具。

Bookmark this on Delicious
Pocket
LINEで送る

 使っているドリッパーやサーバーについて訊かれましたので、書きます。
 道具選びのテーマは、できるだけお手軽で、そしてかわいいモノをっ。

コーヒーミル: Kalita KH-5

 基本は豆のまま購入して、淹れる前に挽きます。
 カリタの KH-5 は、Kalita KH-3 などと違い、ふた付きですので、挽く途中に豆が飛ばなくて嬉しいです。
 また、下部の粉入れの取り付け・取り外し方も、ねじ式のようにぐるぐる回さなくても、少しねじるだけで、かぽっ、と外れるのが嬉しいです。

 そして、なにより、かわいいっ。

 なお、粉を払う刷毛は、安い絵筆(もちろん、新品)を使っています。
 専用の刷毛って、無駄に高いですし。

ドリッパー(1、2杯用): Melitta アロマフィルター 1×1

 一人分のコーヒーを淹れるときは、メリタのアロマフィルターを、マグカップの上に直接、おいてペーパードリップしています。カリタのドリッパーに比べ、抽出がゆっくりですので、少量を淹れるときは、メリタかな、と感じます。
 カリタで少量を淹れようとしますと、すぐに流れるので難しいのよね。

 フィルターはもちろん、純正品を。
 ドリッパーとのフィット感が違います。

ドリッパー&サーバー: iwaki ドリップサーバー

 円錐形ドリッパーは、コーノ式や、コーノ式を改良した ハリオ V60 などが有名です。

 しかし、あえてパイレックスのイワキ製を購入しました。
 理由は一つ、

 見た目がかわいいからっ。

 ええ、見た目で選びました。
 イワキ独特の「花びら型ドリッパー」は、花びら型ドリッパーでなかなかよくできており、ハリオ V60 に負けず劣らないそうです、ええ。ハリオは持っていませんのでよく分かりませんが。

 そんなことより、CHEMEX っぽい見た目のかわいさです。

 なお、通常の台形フィルターも、ハリオ V60 用・円錐形フィルターも使えます。
 いまは、円錐形フィルターを組み合わせて使っています。

欲しいもの: Russell Hobbs 電気カフェケトル

 ずっと愛用していました、象印電気ケトルの調子が悪くなってきましたので、新しいケトルの購入を考えています。いや、ちゃんと細口ケトルから注げよ!とコーヒー好きの方には怒られそうですが、いえいえ、慣れれば普通の電気ケトルからそっと注ぐこともできますよ。難しいですけどねっ。

Bookmark this on Delicious
Pocket
LINEで送る

コメントを残す