ブログのテーマに「游ゴシック」(Yu Gothic)を設定しました。

f:id:tanahata:20110527211950p:image
f:id:tanahata:20110527212443p:image:w360

 Windows Phone Developer Tools 7.1 Beta をインストールすれば Windows PC でも「游ゴシック」を使えます。ひゃっほいっ。タメハ(仮)の方のフォントも Yu Gothic に指定してあります。たぶん、ほとんどの人は気づけないでしょう(ぇ

 Windows Phone 7.1 Mango と「游ゴシック体」については以前書いた文章を参考に。

追記:
 SDK 自体をインストールしなくても、SDK をダウンロードする下の方にちっちゃく .iso ファイルへのリンクがありますので、ISO を落として中の CAB を分解してフォントファイルを取り出せばいいそうです。ライセンスとかは??ですががが。

Windows Phone 7.1 Mango に「游ゴシック体 R/B」がバンドルされたことを受けて。

 ひっじょうに興奮していまして。

 スタンダードな角ゴシック体の游ゴシックWindows Phone だけでなく、Windows 8 か Office 15 にもバンドルされるカモと期待しています。

 UI デザインは液晶画面で読みやすいメイリオ系(等幅もよろしくお願いします。)を、文章フォントは游ゴシック体、そして、游明朝体が使えるようになれば;MSゴシックやMS明朝に支配された、醜い日本のオフィス文書が一変するのでしょう。

 想像(妄想?)するだけでわくわくしますね。同様のスタンダード系ゴシックの AXIS font はどう動くのかしら? 対抗して OSX にヒラギノだけでなく、こぶりなも載ればさらに楽しくなりそうです ← 完全に妄想。

 そのためにも、アンチエイリアシングで美しく文字を描画できるように DirectWrite の進化を待っています。(とりあえず、現状は gdi++ Helium, gdipp あたりを使っています。)

 そう。Windows Phone のような文字レンダリングWindows 8 にも。縦書き対応もねっ。